工場から転職

工場勤務から異業種への転職は難しいのか?【工場勤務から抜け出す方法も解説】

悩む男性
工場が辛すぎて違う職業に転職したい、、
でも、工場勤務しかしたことがない自分は、どこに行っても役に立たないのかな。
そもそも やりたいことがないんだよね、、
もうこのままずっと 工場勤務のままなのかな… 

 

こういった悩みにお答えする記事となります。

記事の内容


・工場を辞めたくなる理由がわかる
・工場から異業種への転職が難しいのかがわかる
・工場から異業種へと転職した人の成功事例が知れる
・おすすめの業種がわかる
・今、あなたがとるべき行動がわかる

筆者情報・記事の信頼性


・工場に正社員として15年勤務
・転職経験あり(1回)
・ライン作業経験あり(現在は専門職)
・役が付いていた時期あり(部下は30人)
※僕も何回も工場辞めたいと思ったことがあるので、あなたの気持ちは痛いほどわかります・・

僕、ハコイリサラリーマンは、工場勤務15年です。

ただ、僕は工場以外の職種は経験したことはありません。 

でも友達や同僚など工場から異業種に転職した人は結構いるので少しは信ぴょう性はあると思います。 

さっそく結論ですが、工場から異業種への転職は業種によっては全然難しくなく転職できます。

きっと、あなたでも大丈夫ですよ。

本記事は工場勤務から転職することは 難しいのかどうかの解説と、実際に異業種に転職した人のその後どうなった?という話をしていきます。

この記事を読めば、あなたの仕事に対する価値観のあった企業を見つけることができますよ。

超エリート人生だって夢じゃない!

工場から異業種への転職は難しいのか?

結論、業種によりますが難しくないです。

僕の周りでも元工場の作業員が保険の営業をやっていたり、

技術職へと転職をしたりと工場以外に転職して活躍している人は結構いますよ。

ただ、さすがに「医者」などは厳しいですよね、、、

なので、転職が厳しい業種はあるものの、工場しか経験がなくても活躍できる職業はたくさんあります。

ますは、そもそもなぜ工場を辞めたいと思うのか整理していきましょう。

整理する理由は、転職後に後悔しないためです

工場から異業種へと転職をする人は、入社1年目で約6割近くいるみたいです。

調査結果から工場から転職する理由は主に下記のような理由です。

工場から転職する理由

・仕事へのやりがいがない
・給料の割に合わない
・シフト制で休みが希望通りにならない
・スキルアップやキャリアアップできない
・労働環境が整っていない

上記が転職したくなる主な理由です。

一番多いのは、仕事へのやりがいがもてないこと、、わかる気がしますね、、

仕事へのやりがいがない

僕も工場に15年以上勤めているのでわかります。

工場ってなんだか刑務所みたいで辛いんですよね、、

ただひたすら流れてくる製品を検査したり、機械の起動ボタンを押したりととにかく単純作業が

メインなのでやりがいなどはありません、、、

自分の今後の人生を見つめなおした時、

「このままでいいのかな?」

となって辞めていく人が多いです。

それに、直接、ユーザーとの関わりもないので、感動もありませんしね・・

給与の割に合わない

工場って 内容によってはめちゃくちゃ過酷なんですよね。

夜勤があったり、夏はめっちゃ暑くて、冬は めっちゃ寒いところで作業させられたり、、

本当にしんどい工場もあります。 

でも、その割には 給料安いんです。 

僕もこんなに大変な思いしてるのに、

これだけしか給料もらえないの?

と思っていました。

シフト制で休みが希望通りにならない

工場勤務は夜勤があったり週休4日で土日が仕事の会社も多いです。

週休4日の工場なんて土日休みが月に1回だけです。

本当に 希望通りに休みも取れないので旅行に行く計画もたてられません。

プライベートなんて仕事のシフト次第になってしまいます

それもストレスになって辞めたいと思う人も多いです。

スキルアップやキャリアアップが難しい

工場勤務だとなかなかスキルアップやキャリアアップってできないんですよね。

なぜなら作業自体が単純すぎてスキルは必要とされてないからです。

強いて言えば、長時間無心で同じ作業ができるすきるですかねww

最終的には同じ作業を毎年続けた結果、「自分がスキルアップできていない」「キャリアなんてものはない」と気づき始めて、スキルもない人間、収入もない人間になってしまうのです。

そんな人間になりたくないと気づいた人は工場からすぐにでも転職したくなりますよね。

たまに工場で自分の作業を自慢する人いますけど、世の中には需要はありません、、残念、、

労働環境が整っていない

工場によっては、騒音対策や振動などの対策がなされていない工場もあります。

このままじゃ体に悪いと感じて一刻も早く工場から異業種へと転職しようとする人も多いです。

実際に僕が以前勤めていた工場は、騒音もうるさく、プレス加工を行う度に地響きがすごかったのを覚えています。

体を壊したら働けないうえに、スキルもないなんて虚しいだけなので、一刻も早く辞めたいと感じる人も多いのです。

僕の前の職場では、機械のプシューっていう「エラー音」がうるさすぎて、耳が悪くなった人がいましたよ

工場から転職したい人のおすすめの業種

ここから以降は、工場から異業種へ転職したい人におすすめの業種を紹介していきますね。

きっとこれから紹介する業種の中にあなたに合う仕事があるはずです。

今から「超エリート人生」を築いてみませんか?

物流業界

物流業界とは商品の運搬を行う仕事です。

商品を生産者から消費者に送る仕事で、代表的なものは、トラックの運転手といったところでしょうか。

トラックの運転手以外にも、石油や天然ガスなどの資源や運搬業務などもとてもやりがいのある仕事と言えます。

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアとは機械の保全などに携わる人です。

メーカーの機械の故障やトラブルが生じた場合にお客の工場に出向いてオーバーホール等を行う職業です。

働く場所は同じ工場ではあるものの、仕事内容は専門的でスキルも身に付けることができます。

経験が豊富であればあるほど、引き抜きのチャンスもあるので、フィールドエンジニアは、まさに工場から異業種へ転職したい人におすすめの業種となります。

営業職

営業職は保険の営業などが代表的だと思います。

FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持っていると重宝されるので、工場で働きながら資格取得を目指すのもありですね。

販売職

販売職とは店舗で商品を販売する仕事です。

代表的なのは、“スーパーの店員”になります。

販売職は取り扱うブランドによって顧客層が変化しそれに応じて求められるスキルも違います。

未経験でも才能次第で活躍できる職種なので工場から転職したい人におすすめです。

技術職

技術職は理系や工学系などものづくりに関わる職業です。

技術職の幅は広くあいまいな部分が多いのも特徴です。

工場勤務で実際に製品に携わっている強みを活かして、転職先の候補にするのもありではないでしょうか。

工場勤務から抜け出す方法【まずはここから始めよう】

おすすめの業種も色々とありすぎてわからない、、
というか、自分がどんな仕事に就きたいのか、何にやりがいを感じられるのかわからない、、

こういった悩み、本当によくわかりますよね、、

僕も工場勤務から転職したいと思うものの、ずーっと何がしたいのかもわからない状態でした。

“働く”という価値観が曖昧だったんですよね。

友達や家族に相談すると、お金のためだけに働く人もいれば、お金とやりがいや価値観も両方欲しい人もいますし。

僕なりによーく考えた結果、

僕は圧倒的に後者の方で、お金だけあっても何も楽しくない状況でした、、

きっとこの記事を読んでいるあなたもそうですよね?

何もやりがいを感じない仕事でダラダラと愚痴を言いながら定年を迎える人生と、

やりがいと収入もアップできる仕事に就いて、満足した状態で定年を迎えるのとどちらがいいですか?

答えはもう決まってますよね?

そう、きっとあなたも同じ価値観の企業で働いて、同じ志を持った上司や同僚と切磋琢磨しながら成長したいはずです。

なので結論は、まず、あなたの価値観とマッチできる企業から見つけましょう。

「そんなのどうやって見つけられるの?世の中に企業なんてたくさんあるよね?」

答えは、無料で利用できる最新アプリを活用しましょう。

価値観でマッチするスカウトサービスVIEWを利用すれば、アプリひとつで自己分析からあなたの価値観とマッチする企業探しまでやってくれます。

なかなか仕事が忙しく転職活動にエネルギーを注力できない人でもサクッと転職できるアプリです。

まとめ

本記事をまとめます。

今回は工場から異業種へ転職を考えている人のために書いた記事です。

結論は、工場を辞めて異業種へと転職するのはそんなに難しいことではありません。

なぜなら、世の中には未経験でも頑張れば活躍できる業種はたくさんあるからです。

たとえば、下記のような職種になります。

物流業界

フィールドエンジニア

営業職

販売職

技術職

上記の職業は努力すればキャリアアップが十分に目指せる職業となります。

まずは、自分で行動してみてはいかかでしょうか?

-工場から転職

error: すみません。右クリックはできません